« スペーシアで鬼怒川温泉へ | トップページ | 訃報! »

日光・東照宮へ

今日の一語・・・とう 袋の両端をくくった形。重い袋を動かすさまから、万物をねむりから動かす太陽の出る方、ひがしの意味を表す

10時に旅館をゆっくりと出発しました。東照宮に着いたのが11時30分を過ぎていましたので早めの昼食をとることにしました。レストランは息子が予約を入れた明治の館、雰囲気もお味も大変結構でした。人気レストランのようで平日にも拘らず次から次へと来客、ここには不景気は縁が無いと思われます。満腹になったところでいざ!東照宮へ!流石!世界遺産!冬でも観光客で一杯です。彩色美の塊のような陽明門、記念写真と思いシャッターをお願いしようと回りを見ると中国語が氾濫していて日本語は稀でした。結局家族の全体写真はプロの写真屋さんにお願いすることになりました。顔を見ると私たちとあまり変わらないアジア系が多く欧米系の観光客は少なかったです。タイ、台湾、中国、が多いのかなと想像をしています。階段も多いが元祖、静岡久能山東照宮に比べるとそれほどでもありませんでした。そしてもう一箇所、大猷院(三代将軍家光)もお参りを致しました。流石にパワフルな虎ちゃんもグッタリとしています。帰りもスペーシアの個室で帰ってきましたが北千住で地下鉄メトロ線に乗り換えましたが込み方に驚くと息子からこの地下鉄で大手町に通勤をしているがラッシュアワーはこんなものではないと聞いて爺さん、婆さんは二度ビックリです

明治の館

1921 1924

明治の雰囲気を漂わせています。牛タンシチュウはとろけるようで絶品でした

東照宮

  1937 1940 1945 1953 

陽明門は日暮門と呼ばれているそうです(一日みていても飽きない)京都の西本願寺にも日暮門がありました事を思い出します

三猿                  ねむり猫

1943_4  1957_3

見ざる・聞かざる・言わざるで良かったのかな     左甚五郎の作品。おみやげは甚五郎煎餅を買いました

大猷院

1966 1977

仁王門                 御水舎

1975 1971

仁王様が極彩色なのが珍しかった        天井に龍が描かれているそうだが?  

|
|

« スペーシアで鬼怒川温泉へ | トップページ | 訃報! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504423/44233469

この記事へのトラックバック一覧です: 日光・東照宮へ:

« スペーシアで鬼怒川温泉へ | トップページ | 訃報! »